CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
スーパーサイズを見てみたい。
見てみたいだけです。食べたくはないです。むしろ無理。
今や消えてしまったんですってね。その方が良いよ。
何の話かってのはまた後で。

スキーの用意が終わっていません。明後日には旅立つというのに呑気なもんだ…。
先日の最終説明会でホテル名を知ったのでどんなホテルか調べてました。とりあえずお風呂は部屋に付いてるようで一安心(当たり前か)
後は荷物を如何にコンパクトに少なく持って行くかが鍵ですね。いっつもそこで失敗するからなぁ…。
日記書いたら頑張って詰めようと思います。

今日は午後一杯予定がなかったので久々にDVD観てました。
何かって、”Super Size Me!”(と、「茄子 アンダルシアの夏」)
えぇ、知る人は知っているあれですよ。一月の間ひたすらマックを食べ続けるアレですよ。
観たい観たいと思いつつ伸ばし伸ばしにしていたら二年も経ってしまった。
そんな訳で感想いこうと思います。ドキュメンタリーなのでネタバレ配慮しません。全部一気に反転でいきます。
内容を知りたくないorマックが好きで好きでたまらない方は閲覧をご遠慮下さいまし。
マックが好きでも嫌いでもない女の書くレビゥですので。

---

そんな訳でレビゥ。(レビューの定義って何だろう、と今更ながらに考えてみる)(「批評」by広辞苑。間違っちゃいないな)
ドキュメンタリーを観たのがまだ二本目な上両方とも社会派でしたので断言するには判断材料が少ないのですが、ドキュメンタリーというものはこう、どれもユーモアたっぷりなものなのでしょうか。
扱っているテーマが重いだけに少しでも受け入れやすくしようとしているのかな、という気もするのですけれども。(ちなみに以前観たのは「華氏911」です)
色んな意味で、目を背けたくなるようなシーンも一部ありましたのでね。なかなかに予想外でしたよ…(見ましたけど。何も食べてなくて良かった…)

観終わった後で一番に思ったのは、自分の無知さに対する後悔と末恐ろしさでした。
ジャンクフードなのだからカロリーは高くて当たり前と思っていたけれど、それにしたってあのカロリー・脂質・砂糖の量は凄まじい。
勿論日本とアメリカでは味覚が異なってくるでしょうからはそれなりに違うのでしょうけれども、だからといって無害だと言うことはできないでしょう。
途中で語られる、肥満の原因がマックにあるとして訴えた少女二人の話。
彼女らの勝訴は叶いませんでしたが、マクドナルドもその事態を憂慮してか生野菜を用いた新メニューを売り出しました。
が、そのメニューの含む脂質は何とビッグマック以上の51g。一日の摂取量目安の79%だそうな。
何かが、おかしくはありませんか。
幸いにして(と言うべきでしょう)、日本で売られているサラダディッシュの脂質はそこまで酷いことにはなっていませんが(参考までに。グリルチキン6.4g、クリスプチキン10.8g)、忘れてはならないのはつい最近登場したマックグリドルの存在。
中身によって大分変わりますが、ソーセージ&エッグ・チーズに関して言えば脂質・カロリー共にビッグマックを上回ります。
映画の最後に出てきてぎょっとし、日本でも同じなのかどうか調べてみても同じでした。
ソーセージのみ、あるいはベーコン&エッグ・チーズの方になれば100キロカロリー程減りますが。
メガマックは更に凄まじいです。脂質が45g。つまりが一日の摂取量目安の約70%。ポテトのMを付けようものなら優に100%を上回ります。

何だか驚きの余りつらつらと数字を挙げてしまいましたが。
食習慣は体を作る礎、それを疎かにすれば文字通り身の破滅を招くのだと、改めて実感致しました。
自らの健康を犠牲にし、ドクターストップがかかっても尚やり遂げた監督に最大限の拍手を送りたい。
彼の努力の甲斐あって、アメリカの幾つかの区域では学校での清涼飲料水の販売が禁止されたそうです。
また、映画祭で披露された六週間後、スーパーサイズが廃止になったとか。
マクドナルドはその関連性を否定しているそうですけれども、否定したところで真実は火を見るより明らかでしょうね。
体に悪いと思いながらもつい食べてしまう、という方は一度観てみると良いかもしれません。
嫌でも食べる気無くしますから。


---

何だかつらつらつらつらと書いてしまいましたが、何もマックだけが有害という訳ではあるまい。
ケンタもミスドもカロリーの面で言えば大差ないんじゃないでしょうか。でもつい食べてしまう、というね…(ミスド大好き)
…とまぁここまで来れば乗りかかった船なのでついでに調べてみました。
ドーナツの種類によって幾らかの違いはあれど、大体平均するとドーナツ一つにつきハンバーガー一個(約250キロカロリー)と同じです。…恐ろしいな、本当。
ファストフードはたまに楽しむ程度に食べたいものです。

あともいっちょ、茄子の感想も書いておきたいので書きます。続きを読む、でどうぞー。
ネタバレは含めていないつもりですが、ちょっとでも知るなんて嫌だわ!という方は閲覧をお控え下さいまし。
またもつらつら書いてたらえらい時間に…さー、準備しないと今夜は寝れないぞ、と。
続きを読む >>
| Movie | 22:59 | comments(5) | trackbacks(0) | |
コンタクトを投げ捨てて。
ハイヒールを脱ぎ捨てて、の活用だと理解して頂けたなら御の字。
本気で投げ捨てたい勢いです。目が、目がァっ…!(懐かしのムスカ)


今日はほりこ嬢と映画&大学の合唱団の定期演奏会に行って参りました。
映画は本日公開のMarie Antoinette。
衣装などの小道具、背景の美しさは期待通りでした。目の保養。
ストーリーについては…LOST IN TRANSLATIONよりは好きでしたが。どうも私はコッポラ監督の作品とは合わないようです。
LOST〜を楽しめる方にはきっと楽しい作品でしょう。
後はやはり、小道具等々の豪華さが並でないので、そちらで満足できる方にはお勧め致します。

キルスの演技も素敵でした。まさか14歳を演じるとは…しかも違和感がない辺りが素晴らしい。
流石に、着飾られた後では十代に見るのは厳しいものがありましたけれど。
それから、ローズ・バーンの出演は完全に予想外でした。まさか出てるとは…。
相変わらずキュートな魅力を振り撒いてました。彼女の、キュートという言葉だけでは済まない何かを感じさせる姿が好きです。

さて、そうして映画を観賞した後、お茶をして時間を潰し会場へ。
到着したのはまだ開場前だったのですが、既にそれなりの列ができていて軽く吃驚しました。(何しろ経験が少ない)
真ん中少し後ろ辺りの席を確保し、いよいよ開演。
やっぱり自分は合唱曲が好きなのだなぁと、改めて実感致しました。
オケやブラスやオペラだと多少なりとも確実に眠気がやって来るのに、しかも昨夜はいつも以上に夜更かししていたというのに、そんな気配さえありませんでした。
音に触れることが本当に楽しかった。いっそ混ざってしまいたかった。
思わず笑顔になってしまったのも無理からぬことでしょう。や、端から見たら十二分に怪しかったでしょうが。
合唱団の皆様、素敵な歌声を本当に有難う御座いました。

…と、眠気&頭痛と戦いながら書いてみる。
映画&舞台のコンボは目に大打撃でした…疲れが尋常でない(そしてタイトルへ)(や、投げ捨てませんでしたよ。ちゃんと洗ってケースに放り込んでやりましたとも)
何だかこの感想は今日中に書き上げてしまいたかったのでした。

そしてここで忘れないうちに、去年の映画観賞総括。
…というか既にすっかり忘れてたんで今更のような気がしますが。

劇場観劇作品数:24
劇場観劇回数:28
自宅観劇作品数:22

でした。
一ヶ月辺り約四本…多いような、少ないような。
今年はもうちょっとDVDを多く観たいところです。

ついでに、12月13日から大晦日までの観劇記録。(えらい中途半端だが気にしない)

・硫黄島からの手紙(二宮の演技に衝撃。ジャニーズと侮っていた私が悪かった)
・The Devil Wears Prada(アン・ハサウェイがたまらなくキュート。メリル・ストリープが素敵にクール。さっぱりした終わり方が好みでした)
・ショーシャンクの空に(DVD)(希望を捨てれば彼の成功は有り得なかった。苦しい場面も多いけれど、好き。どうして一部だけ見覚えがあるのだろう…)
・ERAGON(何となく予想はしていたけれど、やっぱり裏切られずにB級のかほり。第二部はDVDでいいや…)

一言感想なぞ付けてみました。
全く大したことはありませんが、気になる方は反転でどうぞ。
若干批判的な意見も含まれていることをご了承下さい。


帰宅したところで丁度妹が美味しんぼを観ていたのでチラ見したところ、雄山がそっくりで思わず笑ってしまいました(…)
団さんも雰囲気出てましたね。松岡の山岡さんが案外違和感なくてちょっと驚き。栗田さんは…原作通りだとかなりクラシカルな感じになってしまいますから、仕方ないのでしょう。
でも一番そっくりだったのは、やっぱり副部長だと思います(笑)素晴らしいキャスティングだ…(笑)

そんな食べ物繋がりで今日食べたものを考えてみたら、大変なことに気付きました。
今日、野菜食べてない。
朝は砂糖醤油&海苔とお餅、お昼は食べずに劇場でキャラメルポップコーンを食べ、スタバで蜂蜜を投入したアイスコーヒーとレモンケーキを食べたきりでした。
あ、後うまい棒とガルボを一本。
…食生活って大事ですよね。はは。
ちなみにその後、紫の野菜、豆乳&牛乳のブレンド(3:2の配合。飲み易くて美味です)(ホットマンで紹介されてたのは1:1の割合でしたが)(栄養バランスも良いらしい)を飲みましたのでご心配なく(いや足りないだろう明らかに)

…あ、そういえばポップコーンってとうもろこしだから野菜だ(そういう問題じゃない)


ついでに今日こけました。チェーンで区切ってあった柵を越えようとしたら、ブーツの先が引っ掛かって。
今週の水曜にも図書館の階段でこけたばっかりです。ぼけーっと考え事をしながら降りていたら、足が滑って。幸い手すりを持っていたので膝をぶつけるだけで済みましたが。
もうちょっと気を付けて歩こうぜ、自分。


支離滅裂は眠いせいだと思います。それともいつものこと…?
とりあえず眠気と頭痛の攻撃が激しくなってきたのでそろそろ眠るとします。
泥のように眠れてしまいそうだ…。
| Movie | 23:49 | comments(7) | trackbacks(0) | |
ひとの記憶といふものは。
秋を呑み込まんばかりに、突然寒さが身に染みるようになってきました。
今も指先が冷えて、コーヒーカップを拠り所に温もりを取り戻そうと試みても、なかなか温まってはくれません。
その冷たさがあればこそ、指を軽く焼くような熱さを快く思うのもまた事実なのですけれども。
いやはや、人の体というのは上手くできているものです。

とはいえ、勿論これは個人差のあることではありますが、己の記憶力の弱さにはほとほと呆れます。
前々から思ってはいましたが、またしても痛感するはめになりました。
と言っても、大したことではないのですけれども。
今日、友人と二人連れ立って映画を観に行き、色々と話したり店をぶらついたりしたのですが。
その過程で、十二国記の面白さを力説し、友人殿に一作目を購入させるに至ったのですが。
帰宅した後、久しぶりに十二国記のことを考えていましたら。
思い出せない人名が多すぎる。
流石に主役級の方々の名前は大部分を覚えていたのですけれども、それでも溜息の出る思いでした。
何より、祥瓊の名すら忘れてしまった自分に呆れました。
いくら最近読んでいなかったとはいえ、余りに酷い…。
ちなみに酔狂な彼の名は終ぞ思い出せないままでした。今調べました。そうだよ成笙だよ…orz
そんなこんなで『漂流』が読みたいと思う今日この頃で御座います。

何だか今日は随分と妙な語り口だなと思われる方もいるかと思われますが、何のことはない、デルフィニア戦記を読んだせいで御座います。
何しろ影響を受け易い性質ですので、思考する言葉からして塗り替えられてしまうのです。
それがまたどこか快くもあるのですから、何とも救いようがありませんが。

ところで今日観て参りました映画ですが、まぁ予想通りだとは思われますが、DEATH NOTEで御座います。
Lが素敵でした。
…これだけじゃ駄目ですか、やっぱり。

手短に言うならば、良くぞ漫画をここまで上手く実写化した、と拍手を送りたくなるような出来でありました。
これまで漫画の実写化に幾度か失望させられてきましたので、余計にそう思うのでしょうが。
そしてこの成功には、主役の二人、藤原竜也氏と松山ケンイチ氏の演技力が欠かせなかっただろうと思います。
前作ではそこまで感じなかったのですけれども、善悪を切り替えるライトの表情・声の変化、表情に乏しく見えるLの表情の豊かさ・見せ方に嘆息する思いでした。
特にLは…これも今作を観て初めて気付いたのですが、彼は言葉の切り方が非常に独特なのですね。
二文を続けておきながら、二文目の途中で間を置く。それがいかにも、頭の回転の速いLらしい。
それからもう一つ。ライトに関してなのですが。
記憶を失ったライトとキラであるライトが出てくる上で、その変化をどのように表現するのか少し興味があったのですね。
表情に変化を持たせるにしろ、漫画程の劇的な効果は望めない訳ですから。

そこで、衣装に変化を持たせた。
キラであるライトは一貫して黒い服を纏っているのに対し、記憶を失ったライトは白いジャケットを羽織っている。
それでも、中に着ているものは黒のまま。
心内に黒いものを隠し持っているまま潔白を装っている彼の状態を暗示しているのだなぁ、と感心しました。
黒いジャケットは、きっと詩織嬢(漢字に自信がありません…)の喪に服していることの暗示でもあったのでしょうね。
正直に言ってしまえばある程度予測していた演出ではありましたが、それでも満足でした。
】(漫画にもある展開の一部ですが、ネタバレなので反転でどうぞ)
あくまで娯楽の域は出ませんが、それでも楽しめた映画でありました。

社会学の宿題も殆ど仕上がり、これで安心して眠れます。
…本当ならアントニーとクレオパトラの読み合わせに備えて朗読の練習をせねばならないのですけれど。明日の空き時間にしようと思います。
今は、家でしかできないことをやりたい気分なのです。
| Movie | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Good Movie.
いやはや、何とも気分が良いです。
今日はBLACK DAHLIA(ブラック・ダリア)とTHE LAKE HOUSE(イルマーレ)を観て来ました。
演技力云々で作品的価値を語るならBLACK DAHLIAの方が上質だと思うのですが、私の好みで言えばTHE LAKE HOUSEの勝利です。

ネタバレ嫌いな方は以降の閲覧をお控え下さいまし。
決定的なネタバレは反転としますが、それ以外は二つ一緒くたにして綴っておりますので、どちらか一方しか観賞していないという方はご注意下さい。

続きを読む >>
| Movie | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | |
戦いか、滅亡か。
合宿から帰って参りました。
ら、何故かPCがネットに繋がらず。
そのまま友人宅に泊まりに行き。
そこから帰ってきてやっとネットが復活したもののえくすめんを観ていたため時間が取れず。
今日やっと触れました。…長かったなぁ。
成績は友人宅で見せてもらいました。まぁ満足な結果に。
後期も頑張ろうと思います。

ところで友人宅に行った時に一緒に古着屋さんが多いことで有名な商店街に行って買い物をしたんですが。
ワンピース買ってベスト買ってスカート買ってネクタイ二本買って巻きスカート買ってチャイナ服買ってジャケット買ってスカーフ二枚買ってパンツ買ってシャツ買ってブラウス買って靴下三足買ってサンダル買って時計買ってタンクトップ買って。
…とかやってたら何かにまんえん以上飛んで行ってました。
えぇ、そうです。

チャイナ服とか買ってしまったんです。

ひ、樋口さん一枚で買えてしまったのでつい、ですね…は、ははは…。
…えぇと。
誰か、早く結婚して下さい。式に着て行くから。
兄やんとか無理かなぁ。はやくはやくー(無茶言うな)
それまで意地でも太れません。頑張ります(ぐっ)

でも何だか、使った金額は多いにしろ買った枚数が果てしないので満足感で一杯です。
巻きスカートとジャケットとチャイナでいちまんえん以上だしね。
スカーフとかワンコインだしね。
正直にひゃくえんのワンピースとかあるからね。
…うん、いいんじゃないですか。
これから先、しばらく服は買えないけれども。

合宿の話を少ししておきますと。
思っていたような英語漬け合宿ではありませんでしたが、皆と親睦を深めるという意味では物凄く有益な合宿となりました。
友好的な方々だと分かりつつも、先輩方はやっぱり何となく近寄り難かったのですが、それなりに打ち解けられたかなぁ、と思います。
話していても楽しい人達だし、尊敬できる人も沢山いるということを改めて思いました。
それに、自分の英語力が如何に貧弱なものであるかも再認識できました。
素晴らしい先輩達の後輩として、恥じない自分でありたいと思います。

そして今日はえくすめんを観てきました。劇場で。
つまりファイナルディシジョンな訳ですが。
…英語の副題はThe Last Standなんですが。どっちですか。
むしろ何で変えたんですか…?ニュアンスとして分かり辛いから?
とにかく観てきました。えくすめん1と2も家で観ました。先週の土曜日にリターンズも観てきました。一昨日友達と映画版オペラ座をDVDで観賞しました。
…何か、私感想書いてない映画がそれなりにあった気がするんですけど気のせいデスカ。
…うん、まぁ、ボチボチと。

という訳で今日はX-MEN:The Last Standの感想を中心に、えくすめん映画全部をさらっといこうと思います。
ばっちりネタバレだ!と思う所は白く伏せますので、反転でどうぞ。
些細なネタバレも許せない!という方は閲覧をご遠慮下さいまし。


続きを読む >>
| Movie | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | |
屍とならねば得られぬ勝利に、何の意味があろう。
引き続き、映画感想を。
今度は『BLACK HAWK DOWN』です。
ネタバレと言えばそう呼べそうな内容も含んでおりますので、それは避けたいという方は閲覧をお控え下さい。
また、映画の性質上、少々グロテスクと思われる表現が混ざると思います。
そのような表現が苦手な方はお気を付け下さいまし。

続きを読む >>
| Movie | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | |
言えることは、ただそれだけ。
今日は久々に原チャに乗りました。
あんまり道が混んでなくて良かった…。

バイトの業務説明を受けてきました。
といってもそう堅っ苦しいものではなく、和やかな雰囲気で楽しかったのですが。
頑張ろう。

久し振りにブログを読み返してみて、最近の記事数の少なさに吃驚しました。
ねこのやまい、おそるべし…(最近キャッツサイトを漁る日々だったのです、よ…)
映画感想もずっと書いていなかったことだし。今日は二つ書いておこうと思います。
テーマも少々…いくらか…似ていると言えないこともない作品ですから、ね(曖昧な)

ではまず一つ目、『United93』を。
今回はいつもよりもネタバレを多く含みますので、見たくないという方は閲覧をお控え下さいまし。

めも。
・F4
続きを読む >>
| Movie | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | |
あえなく転倒。
という訳で早速こけました
何でかって、原チャ。
…そもそもここに免許取得したかどうかを書いた覚えがありません。多分書いてないな。
25日に無事免許を獲得し、翌日初走行とか色々やってた訳ですが。
今日、映画を観に行くために出掛けてこけました。
アクセル戻してないのにブレーキかけて、止まらない!とか焦ってたらずるるっといきました。ば、ばか…。
幸いにも長袖にジーンズ着用だったので(先生ありがと…!)ほとんど血も出ず軽く擦り剥いたのと打ち身くらいで済んだのですが(さっきお風呂入った時に膝見たら瘡蓋ができてたので出血してたんでしょう)(ってオイ)
まぁつまりこんなとこに長々と書くまでもないようなこけっぷりだったんですが、何となく書き残しておきたくて書いてみました。

うん、自己満足だね。

そんな訳で感想を書こうと思っているものがまた溜まる、という…。
とりあえずフレッシュなもの、ということで『カーズ』いっときます。ちなみに吹き替え版。
ちょっとのネタバレも許せん!という方は閲覧をお控え下さいまし。


んでもってメモメモ。観たもの。
・ブラザーズグリム
・BHD

一月に六回劇場に足を運んだのも、五種の映画を劇場で観たのも初めてでした。
多分しばらく破れない記録だろうなぁ。
観たい映画が集中する月ってなかなかない。
続きを読む >>
| Movie | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | |
久々に。
書きたいことが浮かんできて、昨日ちょこちょこと書き始めたんですが。
書きたいところから書くという暴挙に出たので、えらいことになってしまいそうな予感がします。
日の目を見る日がくるのかは、未定。
…飽きないかどうかも、未定。

話がぶっ飛びますが、昨日の記事の最後の一行、個人的には「みたび」と読んで欲しかったんですけど、自分で読み返してたら普通に「さんど」と読んでました。
一週間に三回も船長鑑賞に行くのは流石に暴挙だと思うので致しませぬ。等と自己フォローに回ってみる。


でも、高一の時にそんな暴挙に及んでしまったような気がしないでもない。


という訳で今日は『ベッカムに恋して』の感想いっときます。(脈絡は無視)
例のごとく、ストーリーの欠片も見たくないという方は閲覧をお控え下さいましね。

いい加減、Bookカテゴリも作りたいなァ…。
続きを読む >>
| Movie | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) | |
運命の糸を捨てるのではなく創るんだ。
何だかもう、書きたいことは沢山あるんですが、気力が保ちませぬ。
ので簡潔に…。

昨日はカラオケに同窓会に祭りにお墓参りと慌しい一日を過ごしました。
ひっさしぶりに会う皆は変わっていたり変わっていなかったり、でも中身は懐かしい友人達でとても楽しかったです。
何だかもうね、あのノリはあそこでしかないものだと思う。
喋って食べて飲んで(コーヒーを)、時間があっという間でした。

そして今日は午前を祭りの片付けに費やし(私は出てないんですけれども)、午後はブレイブを観に行って来ました。
という訳で、本日は『ブレイブストーリー』の感想を簡潔に。
原作既読者視点からの話となっていることをご了承下さいまし。
続きを読む >>
| Movie | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| 1/2PAGES | >>