CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
ねこのひに。
ねこを観てきましたよ、と。
そんな訳で三回目のCATS観劇、行って参りました。今までで一番完成度の高い舞台だったんじゃないかしら、と思ったり。
思うがままに感想を書き殴ってみたので、興味のある方はどうぞ。…めっちゃ長い上にまにあっくですが(笑)
ネタバレには配慮しておりませんのでご注意下さいませ。
続きを読む >>
| Musical | 20:40 | comments(0) | trackbacks(1) | |
言葉に託せるものは限り無く少ないと分かっているけれど。
昨日と今日(日付の上では一昨日と昨日)程に幸せな日は、これから生きて行く上で数える程にしかないかもしれない。
幸福の度合いを比較するなんて滑稽なことだとは分かっているし、妙に大袈裟めいていることも、文字にすることで有限の枠の中に押し込めてしまうことになるのも自覚しています。
でも文字は残るから、記しておきたかったのです。

昨日は久々にカラオケに行って参りました。4人で7時間半計画。
雨が降りそうな上微妙に寒かったので、10時半集合予定だったにも関わらず7時に家を出ました。
電車で寝るつもりだったんですが、眠気に見放されたようで全く眠れないまま大学へ到着。時間があったので図書館へ本を返し、いざ待ち合わせ場所へ。
20分ばかし早く着いたので、ロッピーを求めてローソンを探すも見当たらず、仕方ないので10分前には元の場所へ戻り、待ちました。
しかし、10時40分になっても誰も来ない。流石にちょっと不安になったので、友達にメールをしてみましたら。

集合時間、11時だったんですって。

まぁ別に、理由が分かってて待つのは全然苦にならないので良かったのですけれども。
隣に同じくらいの時間から待ってる人がいたのでちょっと愉快でした(笑)

まぁそんなこんなをしてるうちに皆揃ったので、お店に入って歌い始めたのですけれども。
もうね、びっくりしました。
皆してカラオケのクオリティじゃないのだもの。
確かに巧いとは聞いてましたけど。百聞は一見に如かずとでも言えばいいのか。何だあのハモりは。
しかもその声でアニソンを滅茶苦茶巧みに歌いなさるし。
やー、本当素敵でした。私のそれなりにまにあっくと思われる選曲にもヒかないでいてくれたし。感謝です。
今度は春辺りに行こうぜ、皆。

その後ご飯を食べに行って、結構な時間になったのでそのまま友達宅に泊めて頂きました。本当に至れり尽くせりの扱いをしてもらって恐縮でした。いい嫁になるよ、アンタ…。
お昼も手早く和食を作ってくれたし。非常に美味でした。何だあの手際の良さは。
本当、いい嫁になるよ、アンタ…(二回目)

そうして非常なる満足感に浸りながら友達の家を後にし、少しだけバイトをしてお待ちかねのエビータへ行きました。
劇場に入った時点で大興奮の私。チラシをもらいまくる私。
席に着いてますますテンションの上がる私。(本当喋りまくっててすみませんでした…)
観ながらもう、顔が緩んで仕方ありませんでした。
体の中にまで染み込んで響いてくるような歌も、リズミカルなダンスも、コミカルな仕草や台詞も、何もかもが楽しくて嬉しくて仕方がなくて。
一番端の席だったので偏った視点ではありましたが、それでもあと四つか五つくらい目が欲しかったです。もう何処も彼処も気になって何処を見ればいいのかさっぱりに…!

あの劇場で観劇したのはまだ三度だけなのですが、舞台装置を一番多く使用していたように思います。
それがまた非常に効果的で。
エヴァが演説をするシーンで舞台の一部がせり上がり、まるで本当に壇上に立って演説をしているような様になった時は心の底から感嘆しました。】(ネタバレにもならないようなネタバレですが一応伏せときます)
CATSもLKもそうですが、あの舞台と客席の一体感は本当に素晴らしいと思う…思わず掛け声上げたくなったもの。

聴きながら、エヴァ役の方の声がどうにもこうにもLKのCDのラナの声に似ているような気がしてならなかったのですが。
幕間を挟んだら今度はクリスティーヌに聞こえて仕方なくなってしまいました(あれー…?)
しかも今確認したらどちらにせよCDには入っていないはずだし。あ、あれー…?
でも少なくともクリスティーヌを演じてはいらっしゃったようです。そしてアイーダもやってらしたようです。
私はLKのCDのラナの方とアイーダのCMでのアイーダの方は同じ方だと思ってたんですが。あ、あれれー…?
宛にならんなぁ、私の耳…。

そしてそして、もう一つ忘れてはならないのが。
チェ役が芝さんだったことですよ。
キャスト一覧を見た時にあれ?と思ったのですが、声を聴いているうちに確信しました。
芝タガーとして有名な芝さんだと。
意識してからチェさんがタガーに見えて仕方なくて困りました…全然キャラ違うのにね。
別に芝タガーを見たことがある訳ではないのですが、あちこちのレビュで口を揃えて書いてあるのでもう何だかイメージが固定されてしまったのですよね。芝さん=18禁タガーの方程式。
や、何だか凄いらしいですよ?観たいような観たくないような…やっぱり一回観てみたいな、あの声だし(笑)(ただ三月はまだ無理だろうな…楽(千秋楽)からそんなに経ってない公演だし)
二幕開始直後、一度芝さんが通路を(つまり私のすぐ横を)歩いてそのまま舞台へ、という演出があったのですが、余りにさり気なかったので遅れて入ってきたお客さんかと思ってしまったためにあっさり見送ってしまったのが悔やまれます…し、知ってたら凝視したのに…!(勿体無い…!)
芝さんはカテコ(カーテンコール)まで素敵でした。CATSのカテコが素敵だというのはよく聞くけれども。
鬱陶しそうな顔が素晴らしかったですよ、芝さん(笑)

そしてそしてそして、幸せはそれだけでは終わらなかった。
観劇日がバレンタインデーということで、ポーチ&あぶらとり紙&化粧水&鏡を頂いてしまいました…!バレンタインデー万歳!
楽や新年や記念公演(三千回突破とか)でそういうものを配るというのは聞いたことがあったのですけれども、まさかバレンタインデーで貰えるとは思っておりませんでした。何てラッキーなの、私…!

本当にもう、色々とお腹一杯な二日間でありました。しあわせー…。
支離滅裂な上四季に興味がないとさっぱりな日記ですが、まぁそこはそれ、所詮ブログなぞ自己満足の上に成り立つものですから。

それから、よく四季関連で略語とか変な言葉を使ってると思うので、一応ここに書いておきます。
いちいち打つのが面倒なんですよね(…)

LK→ライオンキング(Lion King)
CFY→クレイジー・フォー・ユー(Crazy For You)
夢夢→夢から醒めた夢
オペラ座orファントム→オペラ座の怪人(ファントムは個人名の可能性もあり)
ねこ→CATS

番外編
タガー→CATSに出てくる猫の名前。フルネームはラム・タム・タガー。どんな猫かは四季の公式サイトを参照

何だか妙に長い日記もとい感想になってしまった…まぁいいか。
流石にそろそろ寝るとします。
…寝れるかなー…(高揚感持続中につき)
| Musical | 02:59 | comments(5) | trackbacks(0) | |
ねこのやまい。
ね、猫が観たいよー!!!

猫の病に罹りました。観たくてたまりませぬ。
観れないの分かってるのに色んなサイトさんを回らずにおれずにキャストさん別の感想とか見たりしてどうしようもなく悶えてる辺り墓穴掘りまくりというかいっそ馬鹿だなぁと思います。
今名古屋でやっててくれてたらな…近いのに…近いのに…
そもそもキャッツシアターなるものの存在すら知りませんでした。何その素敵プレイス…!
でも東京は遠いです。遠すぎます。交通費であと二回観れます。
…泣けるなァ…
四季のミュージカルはパンフ買っておけば良かったと毎度毎度思うんですが、今ほど後悔したことはありません。歌詞カードの写真だけじゃ少なすぎるよ…!(そりゃそうだ)
四季キャッツを聞いてると切なさが増すのでブロードウェイに切り替えつつ聴いてます。
ブロードウェイ版のタガーはやたらと色気がある気がするよ。これなら3ガールズがうっとりするのも納得だよ。
舞台で観た時はあんまり好きでなかったのです。でも段々好きになってきた。
年と共に魅力が分かるようになってきたってことだろうか…。
でもタガーより何よりミストが観たくてどうしようもないです。ミストが大好きです。ミストになら巻き上げられてもいいです。
ああもう、
しっかりして、私。
…名古屋に来ないかなァ…(無理だろうなァ…)

キャッツもオペラ座もランク付けられないくらい好きなんですが、映画があったせいかオペラ座の病には罹ったことがありませぬ。猫の病にはたまに罹ります(…)
キャッツは映画にしたら絶対面白さ半減以下だもんな…観たい、観たいよ…。

今更ですがテンションぶっ壊れててすみません。夜の魔力です。
| Musical | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| 1/1PAGES |